blog

京都音楽博覧会

2009.09.22

090922_1724~01

京都音楽博覧会@梅小路公園に行ってきました。

最初から雨が降りそうで、最後まで降りませんでした。
お昼はむしむしとむし暑く、夕方近くになるとすこしずつ人と人の間を風が通りぬけました。

本格的な秋の気配と楽しみにしていたイベントの終わりが一緒にやってきて、最後は寂しくて悲しくて、すごくすばらしいイベントだったのですが、なんだか終わりを受け入れられず、取り残されたような寂しさでいっぱいになりました。

出演者はふちがみとふなと/Ben Kweller/矢野顕子/BO GUMBO3 feat.ラキタ/奥田民生/石川さゆり/くるりでした。どのアーティストもすばらしく、涙が出そうになりました。心に染みました。

今年は、耳に届く音楽が今までとは違って聞こえました。
「あー、この歌はこんなにすばらしい歌だったのか。」と。
年をかさねるっていいなーと。すばらしい音楽を通して、自分の今を感じることができたような気がします。それぞれのアーティストの優しくて大きくて本気の表現に、尊敬の気持ちでいっぱいになりました。

ここしばらく、音楽がすばらしいってことを忘れていました。
落ち着いて、ゆっくりと。少しずつ、ていねいに。謙虚さと、感謝の気持ち。小さくてはかない音や気持ちを見逃してしまわないようにしたいです。そして、揺らぐことなく愛ある日々を過ごしていきたいです。

来年も音博を楽しみたいです。音博のすべてに、ありがとうございました。

Fairtrade Products from India