blog

フェアトレードお話会@シサム工房本店

2011.10.03

10月1日はシサムさんでフェアトレードのお話会がありました。

インドのラクノウの「カラティマク手工芸自助財団」代表ラリさんが、
詳しく説明をしてくれました。とても丁寧で勉強になりました。
ラリさんの活動はもちろん、シサムさんの丁寧な取り組みにも感心いたしました。
すごいです。

私も生産者のみなさん、商品との関わり合い方、
すこしづつでも、深めていけたらと思います。
ゆっくりですけど、できることをやっていきます。

私とフェアトレードとの関わり合い方について考えました。
フェアトレードは、生産者、消費者、地球も、持続可能なサイクルを目指す取り組みです。
大量生産、大量消費、南北の経済格差などを問題視し、それを解決しようとするものです。
フェアトレードを選択したときに、その一方にあるものをどう扱えばいいのか、
私はいつも考えてしまいます。

フェアトレードは、考え方だけにとらわれると「正しさ」が先行してしまいますが、
フォーカスをあてるところは、商品が生まれるまでの背景だったり、
たずさわる人びとの気持ちなんだな、と私の中であらためて感じました。
そして、シサムさんのすてきな商品は、たくさんの温かい気持ちと、
惜しみない労力で作られていました。
フェアトレードでも、そうでなくても、選んだものを大事に楽しもうと思います。

また、商品を理解してから買うだけでなく、
お買い物って、もっと直感的なところもあります。
そんなときは、できるだけ素直に、ピンっときた自分の感覚にまかせるのが楽しいです。
無意識に選択されたものは、すてきな出会いや縁を運んでくれることが多いです。

手にとってうれしくなる商品を作れたらいいなと思います。

Fairtrade Products from India